2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ◇090224 引け後概況◇ | トップページ | 090225「個別銘柄レーティング情報」 »

2009年2月25日 (水)

◇090225 米国株概況◇

*米国株大幅反発-FRB議長の発言を好感し、金融株に買戻しの動きが強まる。

NYダウ   7350.94(前日比+236.16)

ナスダック  1441.83(前日比+54.11)

昨日の米国株式市場は、NYダウは4日ぶり、ナスダックは7日ぶりに反発して取引を終えた。取引前半は経済指標の悪化を受けてもたつく場面も見られたが、午後の取引はバーナンキFRB議長の発言を好感し、銀行株中心に買戻し圧力が強まりほぼ一本調子の上昇となった。

定例議会証言でバーナンキFRB議長は、米経済は危機的な状況(年前半は景気下振れリスクの方が大きい)に直面していることを指摘した上で、景気回復には金融システムの安定化が必要不可欠であるとの認識を示し、「金融システム安定化へ向けて強固な行動で補完する」と発言、何らかの追加的施策がとられるのではないかとの期待感を誘った。そして、市場参加者が警戒していた大手銀行の国有化の可能性については、その必要性を明確に否定した。こうした一連の発言を受けて、銀行株への買戻しの動きが活発化し、午後になるとNYダウは上げ足を速めて、ほぼ前日の下げ分を取り戻すこととなった。(小林)

シカゴ日経平均先物は反発。FRB議長の発言をきっかけに米国株が急反発したことを受けて、買い先行の展開となった。96円台後半まで円安が進展する場面では一段高となった。結局、7470円(前日比+290円、大証終値比+180円)で取引を終えた。本日の高値は7555円、安値は7150円だった。

« ◇090224 引け後概況◇ | トップページ | 090225「個別銘柄レーティング情報」 »

市場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◇090224 引け後概況◇ | トップページ | 090225「個別銘柄レーティング情報」 »