2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ◇090212 前場概況◇ | トップページ | ◇090213 米国株概況◇ »

2009年2月12日 (木)

◇090212 引け後概況◇

日経平均  7705.36円 (前日比▲240.58円)

TOPIX    760.29   (前日比▲17.81ポイント)

東証一部出来高     1921.65 百万株(概算)

東証一部売買代金   1,326,336 百万円(概算)

値上がり銘柄数 384

値下がり銘柄数 1222

変わらず       103

「東証規模別株価指数」

大型株     758.77 (▲2.64%)

中型株     818.99 (▲1.91%)

小型株     1158.67 (▲1.23%)

「業種別騰落率ランキング」

値上がり業種上位5社  石油、陸運

値下がり業種上位5社  保険、証券、海運、パルプ、精密

*大幅続落。休日中の米国株急落や円高基調を受けて売りが先行。TOPIXは今年安値に。

12日、東京株式市場では日経平均株価、TOPIXともに大幅に続落して取引を終えた。発表された米金融安定化策の内容が市場の失望感を誘うこととなり、休日中の米国株市場が急落したことを受け、東京市場では寄付きから売りが先行する展開となった。円相場もやや円高に進展していることから、買い見送りムードを一層強めた感じ。時折、公的資金と思われる押し目買いが入ったのだが、追随買いまでには発展しなかった。10時くらいにかけて先物主導で戻りを見せたのだが、そこから再度売り直されている動きとなり、前場の引け味としては悪い印象。

お昼休み時間中にSGX日経平均先物が下落していたこともあって、後場に入ると下げ幅を拡大した。結局、期待された公的資金の買いは入らず、円相場が90円を突破したこともあってズルズルと下値を下げていく展開。今年に入っての日経平均安値7682円に急接近した場面では下げ渋る動きを見せたが、実際のところ投資家心理としては、押し目買いというよりは下落リスクに対する意識の方が強まった感じである。TOPIXは今年1月につけた安値を更新した。(小林)

« ◇090212 前場概況◇ | トップページ | ◇090213 米国株概況◇ »

マーケット・フラッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◇090212 前場概況◇ | トップページ | ◇090213 米国株概況◇ »