2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ◇090210 前場概況◇ | トップページ | ◇090212 米国株概況◇ »

2009年2月10日 (火)

◇090210 引け後概況◇

日経平均  7945.94円 (前日比▲23.09円)

TOPIX    778.10   (前日比▲0.80ポイント)

東証一部出来高     1860.45 百万株(概算)

東証一部売買代金   1,256,089 百万円(概算)

値上がり銘柄数 727

値下がり銘柄数 854

変わらず       128

「東証規模別株価指数」

大型株     779.38 (▲0.05%)

中型株     834.91 (▲0.25%)

小型株     1173.09 (+0.08%)

「業種別騰落率ランキング」

値上がり業種上位5社  保険、証券、サービス、銀行、金属

値下がり業種上位5社  鉄鋼、ゴム、海運、機械、石油

*小幅続落。米国動向が気懸かりで様子見ムード強く、揉み合いの展開。

10日、東京株式市場では日経平均株価、TOPIXともに小幅に続落して取引を終えた。前日下落した反動から朝方は買いが先行する展開となったが、積極的に買い進むような動きは見られず上値は限定的であった。米金融安定化策発表を前に様子見ムードが強く、売買は手控えられた感じだ。その金融安定化策を巡ってのニュースだが、一部メディアが「バットバンク設立構想」は今回の金融安定化策には盛り込まれないと報じた。金融安定化策の核をなす部分と期待されていただけに、ちょっとショッキングな内容。ただ一方で、不良債権の買い取り措置は行われる見通しと報じているなど何かしっくりこない内容であったが、GLOBEX米国株先物指数が下げ幅を拡大させたこともあって、投資家の買い気を削ぐこととなってしまった。

後場に入ると、明日の祝日休場を前に様子見機運が一段と高まった。日経平均株価は再びマイナス圏と突入する軟調な展開となり、一時前場安値を下回る場面があった。相場は米国待ちの状態、といっても前場に報じられたニュースから察するに、ポジティブサプライズな内容が法案に盛り込まれる可能性は小さそうな感じ。休日明けにはミニSQも控えており、湿っぽい相場が続きそうだ。(小林)

« ◇090210 前場概況◇ | トップページ | ◇090212 米国株概況◇ »

マーケット・フラッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◇090210 前場概況◇ | トップページ | ◇090212 米国株概況◇ »