2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 090206 寄り前外資系動向 | トップページ | ◇090206 引け後概況◇ »

2009年2月 6日 (金)

◇090206 前場概況◇

日経平均  8149.34円 (前日比+199.69円)

TOPIX    797.48    (前日比+11.07ポイント)

東証一部出来高     947.87 百万株(概算)

東証一部売買代金   637,900 百万円(概算)

値上がり銘柄数 908

値下がり銘柄数 618

変わらず        156

「東証規模別株価指数」

大型株     797.11 (+1.56%)

中型株     857.95 (+1.45%)

小型株    1208.43 (+0.06%)

「業種別騰落率ランキング」

値上がり業種上位5社  パルプ、精密、輸送用機器、医薬品、電機

値下がり業種上位5社  不動産、水産、鉄鋼、海運、卸売

*米国株高や円安を好感し、大幅反発。一時、利益確定の売りに押される場面も。

6日、東京株式市場の前場では日経平均株価、TOPIXとも大幅に反発している。昨夜の米国株高や91円台まで円安が進展したことを好感して、寄付きから買いが先行する展開となっている。やはり円安進展の影響が最も大きく、輸出関連銘柄に買い戻しの動きが活発化している。一方、ここ数日相場を下支えしてきた資源関連株や海運などは高寄り後に利益確定の売りに押されている。果たして円安がトレンドとなるか?それとも一過性のもので終わるか?現段階では見極めが難しい以上、短期売買に徹したほうが得策と思われる。今晩の米雇用統計発表、9日に予定されている金融安定化策の詳細発表など、相場を動かす材料がまだ控えている。(小林)

« 090206 寄り前外資系動向 | トップページ | ◇090206 引け後概況◇ »

マーケット・フラッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 090206 寄り前外資系動向 | トップページ | ◇090206 引け後概況◇ »