2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ◇090205 前場概況◇ | トップページ | ◇090206 米国株概況◇ »

2009年2月 5日 (木)

◇090205 引け後概況◇

日経平均  7949.65円 (前日比▲89.29円)

TOPIX    786.41   (前日比▲6.37ポイント)

東証一部出来高     2186.09 百万株(概算)

東証一部売買代金   1,465,510 百万円(概算)

値上がり銘柄数 586

値下がり銘柄数 1010

変わらず       120

「東証規模別株価指数」

大型株     784.85 (▲0.67%)

中型株     845.71 (▲1.03%)

小型株     1204.85 (▲0.90%)

「業種別騰落率ランキング」

値上がり業種上位5社  ゴム、海運、鉄鋼、卸売、非鉄

値下がり業種上位5社  保険、医薬品、その他金融、小売、精密

*反落。朝安の後、巻き返す場面も見られたが、戻り売りを喰らう。日経平均は再び8000円割れに。

5日、東京株式市場では日経平均株価、TOPIXともに反落して取引を終えた。米国株安を受けて輸出関連株に利益確定の売りが入り、日経平均株価は一時100円超下落する場面があったが、海運、鉄鋼、商社といった資源関連株の上昇が下支え要因に働いて、売り一巡後は下げ渋る動きとなった。GLOBEX米国株先物指数が安く推移しており、積極的に上値を追うような展開とはならなったが、朝方は安いものが目立った輸出関連銘柄も前場引けにかけては戻し始め、8000円を窺う水準で前場の取引を終えた。

後場に入ると、アジア株高なども手伝って日経平均株価は8000円を回復、前日比プラス圏までの戻りを見せた。先物価格はおとといの高値8100円に顔合わせし何度か突破を試みたが、結局抜けずじまいで終わってしまうと、ここから一気に買いの手が鈍り始めた。本日は“勝負あり”といわんばかりに、あとは引けにかけてズルズルと値を消す展開。それにしても「下がりそうで下がらない、上がりそうで上がらない」と、何ともストレスが溜まる相場展開だが、8000円を巡る攻防戦はまだ続きそうだ。(小林)

« ◇090205 前場概況◇ | トップページ | ◇090206 米国株概況◇ »

マーケット・フラッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◇090205 前場概況◇ | トップページ | ◇090206 米国株概況◇ »