2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ◇090202 前場概況◇ | トップページ | ◇090203 米国株概況◇ »

2009年2月 2日 (月)

◇090202 引け後概況◇

日経平均  7873.98円 (前日比▲120.07円)

TOPIX    777.85   (前日比▲16.18ポイント)

東証一部出来高     2031.36 百万株(概算)

東証一部売買代金   1,255,873 百万円(概算)

値上がり銘柄数 497

値下がり銘柄数 1101

変わらず       115

「東証規模別株価指数」

大型株     770.67 (▲2.44%)

中型株     843.82 (▲1.63%)

小型株     1213.10 (▲0.85%)

「業種別騰落率ランキング」

値上がり業種上位5社  海運、石油、鉱業、空運、水産

値下がり業種上位5社  パルプ、その他製品、証券、電機、保険

*続落。ハイテク株や金融株の下落が重石となり続落するも、下げ渋る動き。

2日、東京株式市場では日経平均株価、TOPIXともに続落して取引を終えた。企業業績の急速な悪化を嫌気した売りが先行し、日経平均株価は一時200円近く下落する場面があったが、中国首相の追加景気対策を示唆する発言により新興国関連銘柄が上昇、前場終盤にかけて急速に下げ渋る動きを見せた。企業業績に対する投資家の反応は敏感で、特に電機・ハイテクや輸送用機器といった業種の下方修正には、容赦ない売りを浴びせている感じだ。こうした動きを見る限り、業績悪はまだ完全には株価に織り込まれていない様子。ただ、業績悪を材料に市場全体を一気に売り叩くような雰囲気はなく、こうした上下動を繰り返して徐々に業績悪(あくまで2009年3月期決算の話だが・・・)は株価に織り込まれていきそうだ。いずれにせよ、決算発表が峠を越えるまではボックス内での相場が続きそうな気配。(小林)

« ◇090202 前場概況◇ | トップページ | ◇090203 米国株概況◇ »

マーケット・フラッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◇090202 前場概況◇ | トップページ | ◇090203 米国株概況◇ »