2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 090127 お知らせ | トップページ | ◇090128 米国株概況◇ »

2009年1月27日 (火)

◇090127 引け後概況◇

日経平均  8061.07円 (前日比+378.93円)

TOPIX    805.49   (前日比+37.21ポイント)

東証一部出来高     2046.62 百万株(概算)

東証一部売買代金   1,383,408 百万円(概算)

値上がり銘柄数 1506

値下がり銘柄数 150

変わらず       53

「東証規模別株価指数」

大型株     804.48 (+5.53%)

中型株     865.16 (+3.96%)

小型株     1233.27 (+3.36%)

「業種別騰落率ランキング」

値上がり業種上位5社  保険、不動産、非鉄、輸送用機器、石油

値下がり業種上位5社  なし

*急反発。海外株高や円安を背景に買い戻しの動き強まる。日経平均は8000円回復。

27日、東京株式市場では日経平均株価、TOPIXともに急反発して取引を終えた。海外株高そして円相場が円安へ振れていることを好感し、寄付きから輸出関連銘柄を中心に買い戻しや自律反発狙いの買いが拡がった。昨日引けにかけて売られた先物にも買い戻しの動きが強まり、上昇の勢いを助長したようだ。日経平均株価はじりじりと値を上げ、上昇幅は250円超におよび前場の取引を終えた。

後場に入っても前場の勢いそのままに上げ幅を拡大、日経平均株価は8000円大台を回復すると更に上昇に弾みがついた。新たな買い材料が出た訳ではないが、テクニカル的なリバウンドの流れの一貫か。日経平均400円近い上昇を明確に説明できるような材料は見当たらないのだが、相場の流れはセンチメントに左右される部分も大きく、明日も堅調な動きは継続しそうな気配。

一旦リバウンドを試す局面となろうが、ここから上のゾーンは1月第2週に積み上がった信用買い残の整理売りが出始めて、徐々に値動きは重くなるのではないだろうか。根本的に相場の先行きに対して弱気に見ている自分にとってはバイアスがかかってしまい、本日の相場はどうしても稀有なものに映ってしまう。(小林)

« 090127 お知らせ | トップページ | ◇090128 米国株概況◇ »

マーケット・フラッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 090127 お知らせ | トップページ | ◇090128 米国株概況◇ »