2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ◇090116 前場概況◇ | トップページ | 090116 来週の主な予定 »

2009年1月16日 (金)

◇090116 引け後概況◇

日経平均  8230.15円 (前日比+206.84円)

TOPIX    817.89   (前日比+21.90ポイント)

東証一部出来高     1923.36 百万株(概算)

東証一部売買代金   1,323,386 百万円(概算)

値上がり銘柄数 1396

値下がり銘柄数 243

変わらず       75

「東証規模別株価指数」

大型株     819.54 (+2.85%)

中型株     876.09 (+2.73%)

小型株     1237.02 (+2.16%)

「業種別騰落率ランキング」

値上がり業種上位5社  鉱業、保険、輸送用機器、ガラス、金属

値下がり業種上位5社  海運

*急反発。米国株の上昇や円安を好感し、先物主導で買戻しの動きが拡がる。

16日、東京株式市場では日経平均株価、TOPIXともに大幅に反発して取引を終えた。昨夜の米国株市場が安値から切り返し反発したことや、円相場が90円台まで下落したことを好感し、昨日売り込まれた素材や輸出関連株中心に買いが先行する展開となった。また、半導体大手インテルの株価が決算発表後に時間外取引で上昇していることを受け、GLOBEX米国株先物指数が確りした展開となっていることも買い安心感を誘ったようだ。

後場に入ると徐々に上げ幅を拡大し、日経平均株価は前日比250円超上昇する場面があった。特段に目新しい材料が出た訳ではないが、先物市場で買い戻しの動きが活発化し、現物市場もインデックス買いによって追随する格好となった。本日の上昇は短期筋を中心とした買戻しが主体であり、実需筋は積極的な売買を手控えている様子。来週は米国主要企業の決算発表がピークを迎えるなどイベントが目白押しであり、依然として不安定要素を抱えていることを考えると、本日上昇したからといって、先行きの動向に対してはまだまだ懐疑的な見方をせざるを得ない。(小林)

« ◇090116 前場概況◇ | トップページ | 090116 来週の主な予定 »

マーケット・フラッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◇090116 前場概況◇ | トップページ | 090116 来週の主な予定 »