2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ◇090115 前場概況◇ | トップページ | ◇090116 米国株概況◇ »

2009年1月15日 (木)

◇090115 引け後概況◇

日経平均  8023.31円 (前日比▲415.14円)

TOPIX    795.99   (前日比▲23.40ポイント)

東証一部出来高     2125.56 百万株(概算)

東証一部売買代金   1,488,366 百万円(概算)

値上がり銘柄数 405

値下がり銘柄数 1234

変わらず       74

「東証規模別株価指数」

大型株     796.80 (▲3.35%)

中型株     852.83 (▲2.47%)

小型株     1210.92 (▲0.86%)

「業種別騰落率ランキング」

値上がり業種上位5社  空運、ガス

値下がり業種上位5社  海運、電機、非鉄、ゴム、精密

*急反落。米国株の急落を受けて大幅安。日経平均は一時8000円割れに。

15日、東京株式市場では日経平均株価、TOPIXともに急落して取引を終えた。経済指標の悪化を受けて昨夜の米国株が急落したことから、東京市場でも寄付きから売りが先行した。ほぼ全面安に近い状況にあり、寄り後わずかの時間で日経平均株価の下げ幅は300円超に達した。売り一巡後は一旦下げ渋る場面もあったが、戻りらしい戻りは殆ど見られず前場の取引を終えた。

後場に入ると日経平均株価は下げ幅を拡大し、取引時間中としては昨年12月8日以来となる8000円割れを示現した。アジア株の急落と88円台後半に突入した円高を見て、先物市場に売り仕掛け的な大口注文が出たことがきっかけとなった。現物市場もなかなかレベル感だけでは押し目買いを入れづらい相場環境にあり、損失確定の売りも巻き込んだ注文に押される格好となった。今のところ不気味なまでに動意がない為替相場であるが、もし一段に円高へと振れようものなら、ひとたまりもない脆弱な相場つきとなっている。オプション市場ではOTMのPUTの売買が活発化し、下落リスクを意識した動きが見られた。(小林)

« ◇090115 前場概況◇ | トップページ | ◇090116 米国株概況◇ »

マーケット・フラッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◇090115 前場概況◇ | トップページ | ◇090116 米国株概況◇ »