2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 090114 寄り前外資系動向 | トップページ | ◇090114 引け後概況◇ »

2009年1月14日 (水)

◇090114 前場概況◇

日経平均  8482.02円 (前日比+68.11円)

TOPIX    825.41    (前日比+11.29ポイント)

東証一部出来高     887.04 百万株(概算)

東証一部売買代金   597,548 百万円(概算)

値上がり銘柄数 1077

値下がり銘柄数 504

変わらず        131

「東証規模別株価指数」

大型株     831.83 (+1.60%)

中型株     879.67 (+1.13%)

小型株    1222.49 (+0.86%)

「業種別騰落率ランキング」

値上がり業種上位5社  鉱業、海運、電機、その他金融、証券

値下がり業種上位5社  不動産、小売、パルプ、水産、食品

*4日ぶりに反発。輸出関連株が買い戻されて確り。ただ、戻りは鈍い印象。

14日、東京株式市場の前場では日経平均株価、TOPIXともに反発している。手掛かり材料に乏しく、さしたる方向感も出ない動きとなっているが、前日までに3日続落していることもあって値頃感からの押し目買いが入り小確りの展開となっている。円高の進展が一服していることで、主力の輸出関連銘柄に買戻しが入っているが相場全体の下支え要因となっている。一方、クリード破綻に伴う不動産業界に対する信用懸念は継続中であり、新興不動産株は値下がり上位に顔を並べている。

日経平均株価が前日400円超下落した反動としては、今のところ戻りは鈍い印象を受ける。上値を追うような買いではないことから、国内年金あたりが下値で買い指値を入れているようだ。(小林)

« 090114 寄り前外資系動向 | トップページ | ◇090114 引け後概況◇ »

マーケット・フラッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 090114 寄り前外資系動向 | トップページ | ◇090114 引け後概況◇ »