2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ◇081229 前場概況◇ | トップページ | ◇081230 米国株概況◇ »

2008年12月29日 (月)

◇081229 引け後概況◇

日経平均  8747.17円 (前日比+7.65円)

TOPIX    854.77   (前日比+8.19ポイント)

東証一部出来高     1241.60 百万株(概算)

東証一部売買代金   741,215 百万円(概算)

値上がり銘柄数 1181 (69.4%)

値下がり銘柄数 383 (22.5%)

変わらず       124 (7.2%)

「東証規模別株価指数」

大型株     805.05 (+0.87%)

中型株     931.36 (+0.96%)

小型株     1283.18 (+1.62%)

「業種別騰落率ランキング」

値上がり業種上位5社  保険、鉱業、石油、卸売、倉庫

値下がり業種上位5社  その他金融、パルプ、精密、その他製品、食品

*小幅続伸。実質的に年末年始休暇入りで、動意薄の展開。

29日、東京株式市場では日経平均株価、TOPIXともに小幅に続伸している。クリスマス休暇明けの米国株は上昇したものの、特段方向感の出た動きでもなかったことから東京市場への好影響はほとんど見られず、むしろ外部要因としてはイスラエル軍による空爆によりパレスチナ情勢が緊迫化している点を不安視する向きがあり、上値の重い展開となった。

後場に入ると、GLOBEX米国株先物指数が軟調で推移していることもあって、小口の売りに押される格好で日経平均株価はやや下げ幅を拡大させる場面があったが、ほどなく買い戻されて本日のレンジ内に収束する動きとなった。大引けにかけては先物に買戻しが入って前日比プラスへと転じることとなったが、実質的に年末年始の休暇入りしている投資家が多く、商いとしては閑散で、ポジション調整の売買に終始している様子であった。

現物市場では太陽電池関連など個別材料株を物色する動きが見られるが、あくまで幕間つなぎ的色彩が強く、資金の逃げ足は速そうだ。また、本日は業界再編期待から保険株が賑わった。(小林)

« ◇081229 前場概況◇ | トップページ | ◇081230 米国株概況◇ »

マーケット・フラッシュ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◇081229 前場概況◇ | トップページ | ◇081230 米国株概況◇ »