2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 081117「株価格付け変更」 | トップページ | 081117 寄り前外資系動向 »

2008年11月17日 (月)

081117商品市況(現地1114)

CBOT(シカゴ穀物市場)の主要穀物先物市場は小麦は4日続伸となったが他は小動き。動意に欠ける展開が続いた。

ここ44日間の値動き(古い順)。

大豆:+70.00セント(ストップ高)、▲55.00セント、+15.00セント、▲23.00セント、+27.50セント、+61.50セント、▲18.00セント、±0.00セント、▲4.00セント、▲19.00セント、▲70.00セント(ストップ安)、▲49.00セント、+8.00セント、▲49.00セント、▲12.00セント、▲70.00セント(ストップ安)、+4.00セント、+38.00セント、+16.00セント、▲70.00セント(ストップ安)、+18.00セント、▲32.00セント、▲38.00セント、+9.00セント、+27.00セント、+35.00セント、▲21.00セント、▲49.00セント、+25.5セント、▲20.75セント、+29.25セント、▲14.25セント、+58.5セント、▲3.25セント、▲8.75セント、+3.00セント、+21.25セント、▲55.00セント、+2.00セント、+12.25セント、+27.00セント、▲32.00セント、▲21.00セント、▲1.00セント、+2.00セント

コーン:▲1.25セント、▲29.75セント、+21.75セント、▲26.75セント、+15.00セント、+16.25セント、+1.75セント、+2.75セント、▲4.75セント、▲15.25セント、▲30.00セント(ストップ安)、▲25.50セント、▲3.50セント、▲30.00セント(ストップ安)、±0.00セント、▲30.00セント(ストップ安)、▲7.00セント、+10.50セント、+10.75セント、▲30.00セント(ストップ安)、+3.25セント、▲0.25セント、▲23.25セント、▲3.5セント、+18.50セント、+15.50セン、▲7.50セント、▲26.00セント、+5.25セント、▲17.50セント、+12.5セント、+5.50セント、+30.00セント(ストップ高)、▲11.25セント、▲8.00セント、+1.50セント、+10.00セント、▲22.75セント、▲12.25セント、▲2.00セント、+8.00セント、▲9.25セント、▲4.75セント、+7.50セント、+3.25セント

小麦:+60.00セント(ストップ高)、+7.75セント、▲37.00セント、+35.75セント、▲33.00セント、+25.25セント、+19.75セント、+12.75セント、▲20.25セント、+6.00セント、▲20.25セント、▲48.00セント、+12.00セント、▲10.25セント、▲33.75セント、+4.25セント、▲45.00セント、+8.00セント、+4.75セント、▲3.25セント、▲41.25セント、+25.00セント、▲15.50セント、▲17.25セント、▲0.50セント、+11.00セント、▲2.75セント、▲14.50セント、▲31.25セント、+5.25セント、▲6.75セント、+13.25セント、▲15.50セント、+47.25セント、▲23.25セント、▲1.75セント、+25.75セント、+10.50セント、▲35.25セント、▲14.75セント、▲1.50セント、▲1.00セント、+3.25セント、+9.75セント、+5.25セント、+16.00セント

各穀物中心限月先物終値、大豆1月物1ブッシェル=8.9600ドル(前日比+2.00セント)、コーン12月物1ブッシェル=3.8025ドル(同+3.25セント)、小麦12月物1ブッシェル=5.5425ドル(同+16.00セント)。コメは2日続伸。

COMEX(ニューヨーク商品取引所)において金先物は4日ぶりに大幅に反発。「前日700ドルを安値で割ったところから自律反発を狙った買いが入っており、買い戻しの動きも加わった。」12月物の終値は前日比+37.5ドル高い1トロイオンス=742.5ドル。高値は754.0ドル、安値724.0ドル。

9連敗後のここ46日間の動き(古い順)+19.0ドル、+22.5ドル、▲6.5ドル、+70.0ドル、+46.5ドル、▲32.3ドル、+44.3ドル、▲17.8ドル、+3.8ドル、▲13.0ドル、+6.5ドル、+5.9ドル、▲13.6ドル、+6.5ドル、▲43.00ドル、▲11.1ドル、+33.0ドル、+15.8ドル、+24.5ドル、▲20.0ドル、▲27.5ドル、▲16.5ドル、▲3.0ドル、▲0.5ドル、▲34.5ドル、▲16.8ドル、+2.3ドル、▲22.0ドル、▲32.8ドル、▲20.5ドル、+15.6ドル、+12.6ドル、▲2.4ドル、+13.5ドル、▲15.5ドル、▲20.3ドル、+8.6ドル、+30.6ドル、▲14.9ドル、▲10.2ドル、+2.0ドル、+12.3ドル、▲13.7ドル、▲14.5ドル、▲13.3ドル、+37.5ドル

他の主要貴金属も金につられて高い。銅は2日ぶり、銀は3日ぶり、プラチナは4日ぶり、パラジウムは5日ぶりにそれぞれ反発。ロンドンのアルミ、ニッケルは4日続落。

 

NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)で木曜日に3日ぶりに反発した原油先物相場は反落、期近のWTI12月物引け値は前日比▲1.20ドル安い1バレル=57.04ドルとなった。高値59.96ドル、安値55.69ドル。小売売上高の数字で軟化したものの、その後は金の動向や為替の動きにつられる展開で、原油市場としての方向感は出なかった。

« 081117「株価格付け変更」 | トップページ | 081117 寄り前外資系動向 »

市場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 081117「株価格付け変更」 | トップページ | 081117 寄り前外資系動向 »