2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ◇081113 米国株概況◇ | トップページ | 081113「株価格付け変更」 »

2008年11月13日 (木)

081113商品市況

     原油、2006年レベルが視野

     穀物・貴金属も連日で大きく下落

CBOT(シカゴ穀物市場)の主要穀物先物市場において、大豆とコーンが続落。ここのところ相対的に弱含んでいた小麦は裁定のショートカバーで2日続伸。

ここ43日間の値動き(古い順)。

大豆:+70.00セント(ストップ高)、▲55.00セント、+15.00セント、▲23.00セント、+27.50セント、+61.50セント、▲18.00セント、±0.00セント、▲4.00セント、▲19.00セント、▲70.00セント(ストップ安)、▲49.00セント、+8.00セント、▲49.00セント、▲12.00セント、▲70.00セント(ストップ安)、+4.00セント、+38.00セント、+16.00セント、▲70.00セント(ストップ安)、+18.00セント、▲32.00セント、▲38.00セント、+9.00セント、+27.00セント、+35.00セント、▲21.00セント、▲49.00セント、+25.5セント、▲20.75セント、+29.25セント、▲14.25セント、+58.5セント、▲3.25セント、▲8.75セント、+3.00セント、+21.25セント、▲55.00セント、+2.00セント、+12.25セント、+27.00セント、▲32.00セント、▲21.00セント

コーン:▲1.25セント、▲29.75セント、+21.75セント、▲26.75セント、+15.00セント、+16.25セント、+1.75セント、+2.75セント、▲4.75セント、▲15.25セント、▲30.00セント(ストップ安)、▲25.50セント、▲3.50セント、▲30.00セント(ストップ安)、±0.00セント、▲30.00セント(ストップ安)、▲7.00セント、+10.50セント、+10.75セント、▲30.00セント(ストップ安)、+3.25セント、▲0.25セント、▲23.25セント、▲3.5セント、+18.50セント、+15.50セン、▲7.50セント、▲26.00セント、+5.25セント、▲17.50セント、+12.5セント、+5.50セント、+30.00セント(ストップ高)、▲11.25セント、▲8.00セント、+1.50セント、+10.00セント、▲22.75セント、▲12.25セント、▲2.00セント、+8.00セント、▲9.25セント、▲4.75セント

小麦:+60.00セント(ストップ高)、+7.75セント、▲37.00セント、+35.75セント、▲33.00セント、+25.25セント、+19.75セント、+12.75セント、▲20.25セント、+6.00セント、▲20.25セント、▲48.00セント、+12.00セント、▲10.25セント、▲33.75セント、+4.25セント、▲45.00セント、+8.00セント、+4.75セント、▲3.25セント、▲41.25セント、+25.00セント、▲15.50セント、▲17.25セント、▲0.50セント、+11.00セント、▲2.75セント、▲14.50セント、▲31.25セント、+5.25セント、▲6.75セント、+13.25セント、▲15.50セント、+47.25セント、▲23.25セント、▲1.75セント、+25.75セント、+10.50セント、▲35.25セント、▲14.75セント、▲1.50セント、▲1.00セント、+3.25セント、+9.75セント

各穀物中心限月先物終値、大豆1月物1ブッシェル=8.9500ドル(前日比▲21.00セント)、コーン12月物1ブッシェル=3.695ドル(同▲4.75セント)、小麦12月物1ブッシェル=5.3300ドル(同+9.75セント)。コメも6日続落

COMEX(ニューヨーク商品取引所)において金先物は大きく2日続落。「中国の景気刺激策ネタだけで買い上がるには無理がある。まだ、投機筋のポジション圧縮圧力が潜在していることを市場は懸念している。」12月物の終値は前日比▲14.5ドル安い1トロイオンス=718.3ドル。高値738.4ドル、安値711.5ドル。

9連敗後のここ44日間の動き(古い順)+19.0ドル、+22.5ドル、▲6.5ドル、+70.0ドル、+46.5ドル、▲32.3ドル、+44.3ドル、▲17.8ドル、+3.8ドル、▲13.0ドル、+6.5ドル、+5.9ドル、▲13.6ドル、+6.5ドル、▲43.00ドル、▲11.1ドル、+33.0ドル、+15.8ドル、+24.5ドル、▲20.0ドル、▲27.5ドル、▲16.5ドル、▲3.0ドル、▲0.5ドル、▲34.5ドル、▲16.8ドル、+2.3ドル、▲22.0ドル、▲32.8ドル、▲20.5ドル、+15.6ドル、+12.6ドル、▲2.4ドル、+13.5ドル、▲15.5ドル、▲20.3ドル、+8.6ドル、+30.6ドル、▲14.9ドル、▲10.2ドル、+2.0ドル、+12.3ドル、▲13.7ドル、▲14.5ドル

他の主要貴金属も続落が目立つ。銀は続落、銅は小反発したが、プラチナは2日、パラジウムは3日続落となった。ロンドンのアルミ、ニッケルもやや大きく続落。

 

NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)で原油先物相場は続落、期近のWTI12月物引け値は前日比▲3.17ドル安い1バレル=56.16ドルと、一昨日再度割り込んだ60ドルさえ遠くに見えるレベル。高値59.50ドル、安値55.62ドル。「高値が60ドルを奪回できなかったことが市場センチメントの全てを表している。」一昨日の安値は昨年春前(3月)レベルであったが、昨日は更に2ヶ月ほど後退。原油相場はいよいよ2006年レベルに戻る過程に入った。

« ◇081113 米国株概況◇ | トップページ | 081113「株価格付け変更」 »

市場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◇081113 米国株概況◇ | トップページ | 081113「株価格付け変更」 »