2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 081025商品市況 | トップページ | 081025 来週の主な予定 »

2008年10月25日 (土)

◇081025 米国株概況◇

*米国株急落-リスク資産回避の動きから、再び世界同時株安へ突入。

NYダウ   8378.95(前日比▲312.30)

ナスダック  1552.03(前日比▲51.88)

昨日の米国株式市場は、NYダウ、ナスダックともに大幅安となった。週足ベースではNYダウが▲5.3%、ナスダックは▲9.3%の下落となった。

アジアおよび欧州株式市場が軒並み大幅安となる中、昨日の米国株式市場も寄り付きから売りが先行し、NYダウは早々に500ドル近い下落に見舞われた。金融危機が実体経済に及ぼす悪影響への不安から、全世界的に投資家のリスク資産回避の動きが強まった格好。

朝方の売りが一巡した後は買戻しの動きが拡がって、徐々に下げ幅を縮小させる場面があった。アジアや欧米株式市場に比べて下落幅が思ったほど大きなものとならず、短期筋を中心に買い戻しに繋がったとの指摘があったが、ショートカバー以外の買い手は不在のため、引けにかけては下落基調へ逆戻りとなって取引を終えた。

今後のタイムスケジュールで見れば、11月の大統領選挙終了後も来年1月の新大統領就任までは実質的に政治空白の期間ともいえ、政策面から思い切った株価対策が出されるとは想定しにくい。また、現在佳境を迎えている決算発表で一旦株価は決算悪を織り込みにいくこととなろうが、最大のイベントであるクリスマス商戦が不発に終わることは必至の情勢であり、そこで再度景況感の悪化を嫌気した売りが出てくる可能性が高い。反発のきっかけは?うーん・・・材料が思いつかず、正直って今のところイメージが描けない状況。(小林)

シカゴ日経平均先物は急落。世界的な株価急落、そして90円台に突入した急激な円高を嫌気した売りが殺到、一時前日比▲1000円安のストップ安水準まで売り込まれた。米国株が下げ渋る動きを見せるとストップ安は解かれたが、戻りは限定的なものとなった。結局、ストップ安レベルに近い7550円(前日比▲910円、大証終値比▲70円)で取引を終えた。この日の高値は8480円、安値は7460円。

« 081025商品市況 | トップページ | 081025 来週の主な予定 »

市場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 081025商品市況 | トップページ | 081025 来週の主な予定 »