2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 081009先物・現物バスケット観測 | トップページ | 081009「株価格付け変更」 »

2008年10月 9日 (木)

081009商品市況

     昨日は穀物市場で“株式連動疲れ”が鮮明

CBOT(シカゴ穀物市場)の主要3穀物先物市場で、大豆は大きく続伸、コーンも実に10日ぶりに上昇、小麦も2日上昇となった。①“株式連動疲れ”、②10日の農務省生産量見通し待ち③ドル安、④大豆が1年前の水準まで下落、等が材料で全て決して売り材料ではなかった。しかし、市場には「まだ整理しなくてはいけない玉がある」との見方もあり、強気転換などというレベルではないことは確か。

ここ18日間の値動き(古い順)。

大豆:+70.00セント(ストップ高)、▲55.00セント、+15.00セント、▲23.00セント、+27.50セント、+61.50セント、▲18.00セント、±0.00セント、▲4.00セント、▲19.00セント、▲70.00セント(ストップ安)、▲49.00セント、+8.00セント、▲49.00セント、▲12.00セント、▲70.00セント(ストップ安)、+4.00セント、+38.00セント

コーン:▲1.25セント、▲29.75セント、+21.75セント、▲26.75セント、+15.00セント、+16.25セント、+1.75セント、+2.75セント、▲4.75セント、▲15.25セント、▲30.00セント(ストップ安)、▲25.50セント、▲3.50セント、▲30.00セント(ストップ安)、±0.00セント、▲30.00セント(ストップ安)、▲7.00セント、+10.50セント

小麦:+60.00セント(ストップ高)、+7.75セント、▲37.00セント、+35.75セント、▲33.00セント、+25.25セント、+19.75セント、+12.75セント、▲20.25セント、+6.00セント、▲20.25セント、▲48.00セント、+12.00セント、▲10.25セント、▲33.75セント、+4.25セント、▲45.00セント、+8.00セント、+4.75セント

各穀物中心限月先物終値、大豆11月物1ブッシェル=9.6400ドル(前日比+38.00セント)、コーン12月物1ブッシェル=4.2750ドル(+10.50セント)、小麦12月物1ブッシェル=6.0800ドル(+4.75セント)。コメは反落。

COMEX(ニューヨーク商品取引所)において金先物は3日続伸。「協調利下げ=景気後退懸念が深刻」と囃した買いが優勢となった。高値924.9ドル、安値880.10ドル(値幅44.8ドル)。12月物終値、前日比+24.5ドル高い1トロイオンス=906.5ドル。

9連敗後のここ19日間の動き(古い順)+19.0ドル、+22.5ドル、▲6.5ドル、+70.0ドル、+46.5ドル、▲32.3ドル、+44.3ドル、▲17.8ドル、+3.8ドル、▲13.0ドル、+6.5ドル、+5.9ドル、▲13.6ドル、+6.5ドル、▲43.00ドル、▲11.1ドル、+33.0ドル、+15.8ドル、+24.5ドル

他の主要貴金属動向。銀は2日続伸。銅は再度下落し2年7ヶ月ぶりの安値水準(昨年の安値も突破)、プラチナは下落、パラジウムは小反発とマチマチな動き。ロンドンのアルミは反落、ニッケルも大きく下げて5日続落となった。

 

NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)で一昨日5日ぶりに反発した原油先物市場は早くも下落し、一時10ヶ月ぶりの安値(!)水準にまで到達した。WTI11月物の終値は1バレル=88.95ドル(▲1.11ドル)。安値更新後はドルが対ユーロで軟調な推移となったことと、OPECの緊急総会が開かれて減産合意にむけた話し合いが行われるとの観測から値を戻す場面もあったが、週間在庫統計が先週と同じように需要減からの在庫増を示唆する内容であったことから結局下落した。高値90.99ドル、安値86.05ドル。

« 081009先物・現物バスケット観測 | トップページ | 081009「株価格付け変更」 »

市場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 081009先物・現物バスケット観測 | トップページ | 081009「株価格付け変更」 »