2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ◇081007 米国株概況◇ | トップページ | 081007 お知らせ »

2008年10月 7日 (火)

081007商品市況

     大豆、コーン再度のストップ安。

     ファンドの手仕舞い売りが商品全般に広がる。

CBOT(シカゴ穀物市場)の主要3穀物先物市場において、株式市場の急落を受けて大豆とコーンがストップ安となり、ファンドによる換金売りが加速した。

ここ15日間の値動き(古い順)。

大豆:+70.00セント(ストップ高)、▲55.00セント、+15.00セント、▲23.00セント、+27.50セント、+61.50セント、▲18.00セント、±0.00セント、▲4.00セント、▲19.00セント、▲70.00セント(ストップ安)、▲49.00セント、+8.00セント、▲49.00セント、▲12.00セント、▲70.00セント(ストップ安)

コーン:▲1.25セント、▲29.75セント、+21.75セント、▲26.75セント、+15.00セント、+16.25セント、+1.75セント、+2.75セント、▲4.75セント、▲15.25セント、▲30.00セント(ストップ安)、▲25.50セント、▲3.50セント、▲30.00セント(ストップ安)、±0.00セント、▲30.00セント(ストップ安)

小麦:+60.00セント(ストップ高)、+7.75セント、▲37.00セント、+35.75セント、▲33.00セント、+25.25セント、+19.75セント、+12.75セント、▲20.25セント、+6.00セント、▲20.25セント、▲48.00セント、+12.00セント、▲10.25セント、▲33.75セント、+4.25セント、▲45.00セント

各穀物中心限月先物終値、大豆11月物1ブッシェル=9.2200ドル(前日比▲70.00セント(ストップ安))、コーン12月物1ブッシェル=4.2400ドル(▲30.00セント(ストップ安))、小麦12月物1ブッシェル=5.9525ドル(▲45.00セント)。先週末6日ぶりに反発したコメも大きく下落した。

COMEX(ニューヨーク商品取引所)において金先物は当然のように急伸。取引の中心である12月物は前日比+33.00ドル高い1トロイオンス=866.2ドルで終えた。高値879.0ドル、安値828.4ドル。

9連敗後のここ17日間の動き(古い順)+19.0ドル、+22.5ドル、▲6.5ドル、+70.0ドル、+46.5ドル、▲32.3ドル、+44.3ドル、▲17.8ドル、+3.8ドル、▲13.0ドル、+6.5ドル、+5.9ドル、▲13.6ドル、+6.5ドル、▲43.00ドル、▲11.1ドル、+33.0ドル

他の主要貴金属動向。先週末小反発した銀は下げ、同じく先週末に5連敗で止まった銅は▲8%程度の大きな下落。一方で先週末2日続落となったプラチナは反発、パラジウムは期近が小幅安、期先が小幅高となった。ロンドンのアルミは大きく下落、ニッケルは3日続落となった。 

NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)の原油先物市場は4日続落。WTI11月物は前日比▲6.07ドル安い1バレル=87.81ドルで取引終了。高値92.68ドル、安値87.56ドル。既報の通り先週の週間ベースの下落率は▲12.2%と2004年以来で最大の下落率となったが、株式市場との連動を強めるなか昨日は下げが加速した。ファンドの売りも指摘されており、「株式市場が落ち着いても戻るかは疑問」との声。

« ◇081007 米国株概況◇ | トップページ | 081007 お知らせ »

市場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◇081007 米国株概況◇ | トップページ | 081007 お知らせ »