2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 080830商品市況 | トップページ | 080830 来週の主な予定 »

2008年8月30日 (土)

◇080830 米国株概況◇

*米国株急反落-連休前に利益確定の売り。デルの急落も痛手。

NYダウ   11543.96(前日比▲171.22)

ナスダック  2367.52(前日比▲44.12)

昨日の米国株式市場は、NYダウ、ナスダックともに大幅に反落した。週足ベースではNYダウが▲0.73%、ナスダックは▲1.95%の下落となった。

前日引け後に発表された決算が嫌気されてパソコン大手デルの株価が急落したことをきっかけに、ハイテク株全般が売り優勢の軟調な動きとなり、市場全体も三連休を前にして利益確定やポジション調整の売りが拡がる格好となった。また、一部の経済指標も相場の重石となった。7月の個人消費支出は前月比+0.2%の増加となったが、前月の伸び率+0.6%より増加幅が縮小し、戻し減税効果が薄れつつある結果となったことで、個人消費の先行きを懸念するムードが拡がった。

こうした売り材料はあったとはいえ、実はこれほど大きく売り込まれる材料であったかといえば、そうでもないような印象を受ける。原油相場も朝方はハリケーンの接近を材料に上昇する場面はあったが、結局は安く取引を終えているし、為替、債券ともに大きな動意は見せていない。やはり“前日の反動安”、“三連休を前にしたポジション調整”が最も大きな売り材料であったのではないだろうか。

シカゴ日経平均先物は反落した。米国株が三連休を前に利益確定の売りに下落したことで、小口の売りに押される展開となり13000円の大台を割り込んだ。この日の高値は13075円、安値は12865円。結局、12910円(前日比▲95円、大証終値比▲150円)で取引を終えた。

« 080830商品市況 | トップページ | 080830 来週の主な予定 »

市場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 080830商品市況 | トップページ | 080830 来週の主な予定 »