2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 080828告知 | トップページ | ◇080829 米国株概況◇ »

2008年8月29日 (金)

080829商品市況

     「グスタフ」接近。カウントダウン始まる。

しかし、上陸前に早くも利喰い。

 CBOT(シカゴ穀物市場)の主要3穀物は下げた。材料とされたのは米中西部産地での降雨予想とされているが、私はそれよりも買戻しが一巡して全体的に再度下落基調を辿るなかでの動きと見ている。見苦しくて恐縮であるが、しつこく連日のヒストリカルを載せているのはそれをご自身で判断して頂きたいからである。先週商品市況は木曜日までであれば週次でCRB指数が記録的な上昇率となるところであった。しかし、それが単なる買い戻しの動きであったのか、それとも「みんなで再度やりまっせ」の動きなのか(私は、それはないと思っているが)は、来週火曜日以降のボリュームが戻った相場を迎えないと判断できないが、私は前者を支持する。小麦は5日続落。

ここ12日間の値動き(古い順)。

大豆:+70.00セント(ストップ高)、▲10.00セント、▲55.00セント、+70セント(ストップ高)、▲13.00セント、+24.00セント、+48.00セント、▲21.00セント、+20.00セント、▲2.50セント、+3.50セント、▲24.00セント

コーン:+30.00セント(ストップ高)、+18.75セント、▲27.75セント、+23.25セント、+11.75セント、+10.50セント、+22.50セント、▲11.00セント、▲6.50セント、▲6.00セント、+2.00セント、▲8.25セント

小麦:+60.00セント(ストップ高)、+14.25セント、▲40.25セント、+35.50セント、▲14.50セント、+29.50セント、+22.50セント、▲31.75セント(9月限)、▲25.75セント(12月限)、▲10.25セント、▲28.75セント、▲14.75セント

各穀物中心限月先物終値、大豆11月物1ブッシェル=13.2400ドル(前日比▲24.00セント)、コーン12月物1ブッシェル=5.8775ドル(前日比▲8.25セント)、小麦12月物1ブッシェル=8.1100ドル(▲14.75セント)。コメも2日続落。

 COMEX(ニューヨーク商品取引所)で金先物は3日続伸。中心限月である12月物は前日比+3.2ドル高い1トロイオンス=837.2ドルで取引終了。「グスタフさまさま」の上昇。高値849.7ドル、安値830.5ドル。値幅も大きい。高値は約2週間前の水準で一部のトレーダーが買い推奨しているとの話も聞こえているが、聞かないほうがよいと思われる。昨日は“グスタフ・ネタ”が始まってから初めてではあるが、それまでと同様に為替の動きと瞬間的に逆相関を強め、売られる場面があった。このネタが終われば再度逆相関は高まると見ている。あいかわらず全体ではまちまちな動きで、銀は反発、銅は反落、プラチナ、パラジウムは2日連騰、ロンドンのアルミは5日続落、一昨日4日ぶりに反発したニッケルは大幅安。再度書く。貴金属全体としての強さは感じられない

 

NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)の原油先物は4営業日ぶりに反落。WTI10月物は前日比▲2.56ドル安の1バレル=115.59ドルで取引終了。一時120ドルを越えて上昇し120.50ドルまで買われる場面もあったが、これが高値でその後は被害が出た場合は備蓄が放出されるであろうとの観測が広がり利喰いに圧された。安値114.08ドル、値幅6.42ドル。とにかく、あと3~4日で「グスタフ」がメキシコ湾岸に来る

« 080828告知 | トップページ | ◇080829 米国株概況◇ »

市場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 080828告知 | トップページ | ◇080829 米国株概況◇ »