2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ◇ 080826 引け後概況 ◇ | トップページ | ◇080827 米国株概況◇ »

2008年8月27日 (水)

080827商品市況

     「ブストス」もコワかったが、「グスタフ」も怖い。

女性の名前なのに。

 CBOT(シカゴ穀物市場)の主要3穀物は軒並み下げた。原油上昇と為替市場の動き(ドルが対ユーロで再度半年ぶりの高値水準)に一喜一憂する展開で穀物市場としての方向感はなかった印象を受ける。小麦の下落がここもと目立つがこれは先週末から(こちらも乾燥していた)オーストラリアに降雨予想が出ているため。

まだまだ載せる。ここ10日間の値動き(古い順)。

大豆:+70.00セント(ストップ高)、▲10.00セント、▲55.00セント、+70セント(ストップ高)、▲13.00セント、+24.00セント、+48.00セント、▲21.00セント、+20.00セント、▲2.50セント

コーン:+30.00セント(ストップ高)、+18.75セント、▲27.75セント、+23.25セント、+11.75セント、+10.50セント、+22.50セント、▲11.00セント、▲6.50セント、▲6.00セント

小麦:+60.00セント(ストップ高)、+14.25セント、▲40.25セント、+35.50セント、▲14.50セント、+29.50セント、+22.50セント、▲31.75セント(9月限)、▲25.75セント(12月限)、▲10.25セント。

各穀物中心限月先物終値、大豆11月物1ブッシェル=13.4450ドル(前日比▲2.50セント)、コーン12月物1ブッシェル=5.9400ドル(前日比▲6.00セント)、小麦12月物1ブッシェル=8.5450ドル(▲10.25セント)。コメは小幅高。

 COMEX(ニューヨーク商品取引所)で金先物は小幅に反発。取引の中心12月物は前日比+2.4ドル高い1トロイオンス=828.1ドルで取引終了。為替に振られて弱含んだものの、原油相場にほぼ同調した動きで午後は強かった。高値は836.0ドル、安値812.0ドル。値幅25ドル。銀は3日ぶりに反発したが、プラチナは3日続落。銅も反落した。パラジウムは期近が小幅安、期先が小幅高となった。ロンドンのアルミ、ニッケルは3日続落。まちまちの動きで全体的に強さは感じられない。

NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)の原油先物は続伸。WTI10月物は前日比+1.16ドル高の1バレル=116.27ドルで引けた。高値117.89ドル、安値112.36ドル。荒い値動きだが、ドル高よりもハリケーンが材料としてまさった。「ドリー」「フェイ」とメキシコ湾岸の石油精製施設直撃を免れてきたが、今回のハリケーン「グスタフ」はメキシコ湾岸に近づく確度が前2つのハリケーンより高いという見方が支配的。このネタ暫く続くであろうが、以前ハリケーン・ネタで騒ぐときはこのようなものではなかった印象。ここ5日間の値動き(古い順、中心限月)。+0.45ドル、+5.62ドル、▲6.59ドル、+0.52ドル、+1.16ドル。商品市場におけるオイル・ハリケーンは既に規模が小さくなっていると見ているが、OPEC総会も控えて日中の動きもやや神経質な展開となっている。

« ◇ 080826 引け後概況 ◇ | トップページ | ◇080827 米国株概況◇ »

市場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◇ 080826 引け後概況 ◇ | トップページ | ◇080827 米国株概況◇ »