2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 080814「米国株続落―業績懸念から金融株への売り続く」 | トップページ | 080814 寄り前外資系動向 »

2008年8月14日 (木)

080814商品市況

     主要3穀物買戻しでストップ高!

 昨日のCBOT(シカゴ穀物市場)主要3穀物は、いずれもストップ高を記録した。農務省の収穫量見込みが市場予想に届かなかった大豆の買戻しが3日前に少し入ったことはここで述べたが、昨日はコーン(こちらは農務省の収穫量見込みが上方修正されて市場に失望感が広がった)に買い戻しが入ると、あれよあれよという間にストップ高水準まで3穀物は買われた。「3日前と同じ筋に加えて短期売買の投機資金の手仕舞いが入った。明日までは買い戻しが続くであろう」との声。各穀物中心限月先物終値は、大豆11月物1ブッシェル=12.84ドル(前日比+70.00セント)、コーン12月物1ブッシェル=5.5850ドル(前日比+30.00セント)、小麦9月物1ブッシェル=8.5025ドル(+60.00セント)。コメも上昇。「テクニカルから穀物に対して強い買い推奨をしている業者がいる」

 COMEX(ニューヨーク商品取引所)で金先物相場は反発。実に9日ぶりのこと。取引の中心12月物は前日比+16.9ドル高の1トロイオンス=831.5ドルで引けた。高値は836.4ドル、安値811.5ドル。値幅約25ドル。穀物と同じく値ごろ感(というよりも穀物の動きが飛び火した感があるが)から買いが入ったとされているが、昨日も安値を探る時間帯もあり、「穀物の上昇がなかったらやはり下げていたのではないか」との声。銀も9日ぶりに反発。銅、パラジウム、プラチナも連続下落を4日で止め5日ぶりに反発。ロンドンのアルミ、ニッケルも4日ぶりに反発した。

 NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)の原油先物も4日ぶりに反発。WTI9月物は前日比+2.99ドル高の1バレル=116.0ドルで取引終了。高値117.46ドル、安値112.87ドル。昨日は週間在庫統計の発表日でガソリン在庫の大幅減を手掛かりとして、じわりと買戻しが入った。「それでも、商品ファンドの売りも見えた」グルジア関連の米大統領声明発表には反応薄。

« 080814「米国株続落―業績懸念から金融株への売り続く」 | トップページ | 080814 寄り前外資系動向 »

市場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 080814「米国株続落―業績懸念から金融株への売り続く」 | トップページ | 080814 寄り前外資系動向 »