2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« ◇ 080812 引け後概況 ◇ | トップページ | 080813「米国株反落―金融株主導の下落」 »

2008年8月13日 (水)

080813商品市況

     「金」「銀」8日続落。

 昨日のCBOT(シカゴ穀物市場)主要3穀物は、コーンと小麦が一昨日と逆の動きとなり、大豆は2日続伸となった。注目された農務省の穀物需給は年度収穫量が上方修正され、“ほどよい好天(さほどの気温上昇なし)”効果が表れた。これで春の洪水の影響は完全に消えたと見てよい。しかし、コーンは先週来大きく下げていたことに加えて、一昨日も唯一下げていたことから、値ごろ感と(上方修正の)材料織り込み済みとの見方から上昇した。しかし「買いは買い戻しの域を出ず、動意は限定的」。大豆は逆に年度収穫量が市場予想に届かなかったため続伸した。各穀物中心限月先物終値は、大豆11月物1ブッシェル=12.14ドル(前日比+18.00セント)、コーン12月物1ブッシェル=5.2850ドル(前日比+11.50セント)、小麦9月物1ブッシェル=7.9025ドル(▲3.50セント)。コメは反落。

 COMEX(ニューヨーク商品取引所)で金先物相場は8営業日続落。12月物は前日比▲13.7ドル安の1トロイオンス=814.6ドルで引けた。高値は833.6ドル、安値808.6ドル。一昨日の高値と昨日の安値の幅、65ドル(!)。グルジアの軍事侵攻の際もウイグル地区のテロもドルが下げても、金は買われない地合い。逆にドルが対ユーロで少し上昇するとストンと下げる。年初来安値更新。止まらない銀は8営業日続落。銅、パラジウム、プラチナ(▲50ドル以上の下げ)4日続落。ロンドンのアルミ、ニッケルも大きく下げて3日続落となった。

 NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)で原油先物は3日続落。WTI9月物は前日比▲1.44ドル安の1バレル=113.01ドルで取引終了。高値115.95ドル、安値112.31ドル。上値、下値とも徐々に切り下げる動きが継続している。「ヘッジファンドというよりも商品ファンドの売りが続いている」

« ◇ 080812 引け後概況 ◇ | トップページ | 080813「米国株反落―金融株主導の下落」 »

市場レポート」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ◇ 080812 引け後概況 ◇ | トップページ | 080813「米国株反落―金融株主導の下落」 »